中皮腫によってなくなった人が43人へと急増

 アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会運営委員会に参加しました。
 今なおアスベストによってなくなる人が後を絶ちません。2011年、市内で中皮腫によって亡くなった方は前年の26人から43人へと急増しています。5月25日に杭瀬商店街で私も参加した署名宣伝行動で、「アスベストでなくなった知り合いが何人もいる」と語って署名に応じるなど被害に深刻さが伝わってきました。
 クボタがアスベストを使って操業していた時に尼崎市内に住んでいたひと全員を継続した検診で、早期発見・早期治療が求められます。
c0282566_22583780.jpg

c0282566_2259462.jpg

by tokusannmi | 2013-06-21 23:06 | お知らせ | Comments(0)