尼崎市議会、秘密保護法案を制定しないことを求める意見書が否決される

 今日から12月議会が12月18日までの日程で始まりました。
 冒頭「国へ特定秘密保護法を制定しないことを求める」意見書を、日本共産党と緑のかけはしの会派が共同提案しました。緑のかけはしの弘中信正議員が提案理由を説明、日本共産党の田村征雄議員と緑のかけはしの酒井一議員が賛成討論をしました。
 採決では賛成が共産党(7人)緑のかけはし(6人)市民グリーンクラブ(4人)計17人、反対が新政会(10
人)公明党(9人)維新の会(4人)無所属(1人)計24人。残念ながら賛成少数で否決されました
c0282566_19204026.jpg

c0282566_19255332.jpg

by tokusannmi | 2013-12-03 19:21 | お知らせ | Comments(0)