農薬(マラチオン)を検出した冷凍食品に対する尼崎市の対応について

 マスコミなどで報道されている、マルハニチロホールディングの子会社アクリフーズの群馬工場が製造した冷凍食品から農薬(マラチオン)が検出されたことに対し、尼崎市は厚生労働省からの連絡によって、次のような対応をしています。
①冷凍食品を扱う販売店に対し現地確認、電話確認を行っている。
②製造業者・販売業者の自主回収の前に消費者が購入したものに対しては、使用しない様にホームページ、エフエムあまがさきなどで注意を喚起している。
③学校、幼稚園、保育腫、障害者福祉施設、高齢介護施設について注意を喚起する文書を送付する。

 尼崎市への相談(7日17時30分現在)5件(5人)、うち2件は食品検査を実施中
 くわしくは尼崎市生活衛生課へ問い合わせください。電話06-4869-3017
by tokusannmi | 2014-01-09 09:38 | お知らせ | Comments(0)