市議会予算特別委員会の総括質疑の続開が行われる

c0282566_82685.jpg 3月14日(金)午前、、川崎敏美議員が市議会予算特別委員会の総括質疑の続開で、子ども子育て新制度、総合センター、アスベスト被害者救済、国民健康保険の医療費一部負担金について質疑しました。
 川崎議員は新制度に於いて、認可保育所と認可外保育所において格差や差別を生みだしてはならない、総合センターを特出しして現在の場所に固定化せず、公共施設の見直しにより廃止、再配置を行うべきだ、アスベスト被害者救済のために、発生源を特定するために疫学調査を実施すべきであると市長の見解をただしました。
by tokusannmi | 2014-03-14 22:27 | お知らせ | Comments(0)