今年度から母子家庭等医療費助成制度が改悪され、不認定を受けたお母さんの悲痛な訴えを聞きました

 今年度から母子家庭等医療費助成制度が改悪されました。これまで所得192万円未満(扶養親族1人につき38万円増)の所得制限が、所得19万円未満(扶養親族1人につき38万円増)と生活保護基準以下へ大幅に引き下げられました。これまで親の医療費が通院は月2回まで1日600円、入院は月2400円まで1割負担が、すべて3割負担になりました。
 あるお母さんから「市から不認定をうけた方々が大多数いて、仕事しながら生活に困り果てています」と悲痛な叫びがメールで届きました。さっそく松沢議員とお話を聞きしました。そして当局に状況を聞いたところ、市内で4300世帯が不認定になったとの説明を受けました(うち1700世帯の中学生までの子どもは別の医療制度で救済)。今後、議員団で検討したいと思います。
c0282566_2015969.jpg

by tokusannmi | 2014-07-03 20:04 | 活動日誌 | Comments(7)
Commented by 匿名 at 2014-07-22 21:32 x
わからないことだらけで役所に聞きにいけば怠慢公務員の姿が見えます。長時間待たされた間 目についたのは 奥で立ち話をしながらコーヒー?お茶をのんで談笑してらっしゃいます。保健所でも昼休みに 昼休憩であったとしても本来は待ってる市民の座る椅子に座り足をあげて居眠りをしている職員さんがいました。見えるところでお弁当を食べてわたくしがいった時昼休憩なんてしらなかったものですからじーとみてると何かしら声をかけてくれるのでは?と思いまってましたが目があっても知らんぷりでした。財政難とばかり口にし生活苦しいければ生活保護へ
Commented by 匿名希望 at 2014-07-22 21:34 x
行けといわれました。支所でも奥で談笑しながら市民を待たせる そして偉そうな言い方をされる。せめて見えないところでしていただきたい。財政難財政難というならば職務怠慢な公務員さんから給料をへらして低所得のために回してほしい。不勉強ですが阿部内閣になってから外面と高額所得者しか優遇されてるような気がします。消費税は上がるが給料は上がらない。医療費はあがるが給料はあがらない。阿部氏や知事や市長がご自身の所得をへらしてでも国民を守るべきだと 私はそう考えます。
Commented at 2014-07-22 21:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 匿名 at 2014-08-01 01:04 x
うちも児童扶養手当てが一部支給だからと不認定にされました。しかし、月収15万程度の収入で不認定とは厳しすぎます。 これでは医療離れの誘発になるのは間違いないと思います。
息子の医療費喘息持ちで月5000円かかるようになりました。喘息にたいしては予防薬では小児特定疾患の対象にはならないそうです。
給料前には米も買えないほどの貧困世帯と、倍以上の収入がある世帯とおなじだけ払えと言うのは鬼のような改悪ですね。
母子の医療離れが進むでしょう。
Commented by 匿名 at 2014-08-01 01:08 x
息子の医療費喘息持ちで月5000円かかるようになりました。喘息予防薬では小児特定疾患の対象にはならないそうです。給料前には米も買えないほどの貧困世帯と、倍以上の収入がある世帯とおなじだけ払えと言うのは鬼のような改悪ですね。
母子の医療離れが進むでしょう。
また、旦那さんがいて奥さんが専業主婦や昼間のちょこっとパート程度の人たちの家庭は3割、子供は2割同じ負担はあるでしょうが、子供がインフルエンザ登校登園禁止になると一週間も仕事を休まなくてはならず、休んだ分家計に直撃し、母子家庭医療があっても家計には大ダメージなんです..単に同じようにって発想おかしいですよ。片親ってやっぱり普通の家庭のようにお父さんが働きお母さんが家を見る。母子家庭はそれができないから子供自分が病気をすると家計にも直撃するんです!それを市長や議員さんが理解しての判断ですか?市役所に掛け合ったらめんどくさあいなぁという態度で、生活保護を案内するしかないです。っていわれました。冷たく。
Commented by 匿名 at 2014-08-01 01:10 x

財政がどうとか....じゃあうちの家計が崩壊します。兵庫県でも大半の市町村が現状維持するとの事ですのに、なぜ尼は母子家庭を切り捨てるようなことをするんですか?
今後この改悪を辞めてもらうよう議員さんには頑張ってほしいと切に思っております
Commented by 匿名 at 2014-11-27 07:11 x
わたしも不認定を受けたものです。今でもカツカツで生活していて、母子医療があった時ですら子供がアレルギーで病院へいく事が多く、私は病院へいかずがんばってきたのに、、
今は子供も病院へいかせられません。保険もやめ生活を切り詰めているのに、これでは私が大きな病気したときには家族で自殺せねばなりません。がんばって働いて税金納めて、病院いけず、なんとも悲しい尼崎市です。