福知山線脱線事故後の安心安全なJRを求める運動が反映して尼崎駅に乗換陸橋と改札口が増設される

 2005年のJR福知山線脱線事故のあとJRに対して安心安全な運行を求めていこうと共産党、尼崎労連、尼崎民商、新婦人などが「安全なJRを求める尼崎の会」を結成しました。そしてJR尼崎駅のプラッとホームが朝夕のラッシュ時は乗り換え客などで混雑して危険であると改善を求める署名に取り組んできました。この署名はJRを使う通勤通学市民にたいへん喜ばれ、短期間にたくさん寄せられました。当時、私は尼崎民商事務局長としてこの運動に参加してきました。そして、庄本えつこさんなど「会」の代表がJR西日本へ署名を提出。また日本共産党の国会議員団近畿ブロックや県委員会の協力も得ながら申し入れ行動も行ってきました。2年半前にJRが尼崎駅の乗りかえ陸橋と改札口の増設を発表。新しい乗りかえ陸橋は今年秋に設置され、11月29日に新しい改札口がオープンしました。乗りかえ陸橋と改札口の増設はこれまでの私たちの運動が反映したものです。
c0282566_632177.jpg
2年前に乗乗りかえ陸橋と改札口の増設が発表された後に現地を視察する庄本悦子さん、堀内照文さんなど「会」の皆さん


c0282566_641252.jpg



11月29日にオープンしたJR尼崎駅の新しい改札口
by tokusannmi | 2014-11-30 06:29 | お知らせ | Comments(0)