在日米軍関係経費の日本負担は6739億円にのぼり、米兵・家族1人あたり1240万円に達します

 在日米軍の関係経費総額のうち2014年度の日本側負担分は6739億円であることが判明しました。在日米軍の兵士や家族1人あたり1240万円に達します。国民には消費税増税などの負担増を押し付けておきながら、米軍にはひたすら奉仕する。誰のための政治なのか、鋭く問われます。もともと在日米軍の経費負担は基地の地代などに限られていましたが、米軍「思いやり予算」が拡大。日本人従業員の給与や米兵住宅の建設費、水光熱費まで払うようになりました。さらに、米軍再編経費で、基地の「移転」や海外基地の建設費まで負担しています。これらの大半は政府の解釈でも、日米安保条約上の負担義務がありません。(しんぶん赤旗12月22日付より)
c0282566_23363512.jpg

by tokusannmi | 2014-12-22 23:40 | お知らせ | Comments(0)