日本共産党は今度の選挙で獲得した議案提案権を行使し、政党助成法廃止法案を衆院に提出しました

 通常国会の開会日、日本共産党は今度の選挙で獲得した議案提案権を行使し、政党助成法廃止法案を衆院に提出しました。政党助成金は毎年320億円の税金を各政党に配分するものです。本来、政党の政治資金は国民の浄財で賄われるものです。志位委員長は「この制度が政党の劣化、堕落を招いている。当時の細川首相と河野自民党総裁は政党の収入に占める割合は4割とされていたが、今は多くの政党は収入の大半を占め、政党の離合集散を繰り返し腐敗政治を生みだす根源のひとつとなっている」と指摘しています。
c0282566_7205078.jpg

by tokusannmi | 2015-01-30 07:22 | お知らせ | Comments(0)