尼崎社保協が市出前講座を活用して介護保険学習会「どうなる?尼崎の介護保険制度」を開きます

 尼崎社会保障推進協議会が尼崎市出前講座を活用して介護保険学習会「どうなる?尼崎の介護保険制度」を開きます。たくさんのご参加をお待ちしています。

日時 4月25日(土)午後2時~4時半
場所 尼崎民主商工会会議室(3階)
講師 尼崎市福祉部課長 長江和仁氏


 介護保険法の改定によって、4月から特養の入所を介護度3以上、施設入所費用の見直し、一定所得のある方の介護サービス自己負担2割へなどが実施されます。また2017年から要支援者に対する介護予防の訪問介護と通所介護が、市の「新総合事業」に移管されます。
 「今までと同じサービスを受けられるのか」「利用者負担が増えるのでは」が悩みはつきません。事業所も、介護報酬の大幅な引き下げの元で、介護職員の処遇改善を困難にし、満足な介護が提供出来ない状況にあります。その中で、市の考えをお聞きし、市民が安心して介護を受けるためにどうすればよいのか、この機会に学習し運動を広げましょう。どなたでも参加できます。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。
c0282566_18235449.jpg

by tokusannmi | 2015-04-12 18:24 | お知らせ | Comments(0)