尼崎市は旧聖トマス大学の資産活用について市民から意見を募集しています

 聖トマス大学は4月に法人を解散しました。市はすでにグラウンドを取得し(体育館などを含む東側の敷地は百合学園を運営する宗教法人が取得)、残りの財産は秋に無償で譲り受けます。市は旧聖トマス大学の資産を①市民のまちづくり学習機能や教職員等の人材育成機能を担う施設。②子育て支援や青少年育成など子どもの育ちを支える施設、③尼崎健康医療財団看護専門学校の移転、④図書館、⑤学校法人英知学院のメモリアルコーナーとして活用するとしています。
 市はこの旧聖トマス大学の資産活用について意見を募集しています。締め切りは8月31日まで、市役所まちづくり調整担当まで郵送かファクス、Eメールで届けて下さい。ファクス6489-6793、Eメールama-machicho@city.amagasaki.hyogo.jp
c0282566_20151899.jpg





旧聖トマス大学





c0282566_20175527.jpg
c0282566_2024792.jpg

by tokusannmi | 2015-08-06 20:25 | お知らせ | Comments(0)