「国民健康保険ってどんな制度」と題して三重短大の長友薫輝教授がお話しをします

 国民健康保険は公的医療保険のひとつで、国民皆保険制度を支える根幹となっています。国保は、いま高すぎる保険料や都道府県単位化によって、国保の危機が言われています。国保の目的、制度のしくみ、運用の実態、今日的課題をよく知ることが、改善の取り組みの第一歩です。尼崎社会保障推進協議会は2015年総会記念講演として、三重短期大学の長友薫輝教授を講師に国民健康保険制度を学習します。国保運動を前進させるために、多数ご参加下さい。講演会は会員以外の方も参加できます。

尼崎社保協2015年総会&記念講演会
  日時 9月27日(日)
  場所 尼崎市中小企業センター会議室401号(4階)
  総会 午後1時30分より
  講演 午後2時30分より
       「国民健康保険のしくみと制度の問題点」
         講師 三重短期大学教授 長友 薫輝 氏

  参加費は無料です
長友薫輝氏の プロフィール
 宮崎県生まれ、大阪育ち。龍谷大学院社会福祉学専攻博士課程単位取得。現在、三重短期大学生活科学科教授。自治体問題研究所理事。日本医療総合研究所理事などを務める。5月の参院厚生労働委員会で参考人陳述をする。
c0282566_185610100.jpg

by tokusannmi | 2015-09-15 18:57 | お知らせ | Comments(0)