尼崎市議会で北朝鮮の核実験に対する抗議声明を発表しました

 尼崎市議会の会派代表者会議を1月22日(金)午後に開催し、北朝鮮の核実験に対する抗議の声明を決定しました。

北朝鮮の核実験に対する抗議声明
 北朝鮮は、これまでの原爆実験に続き、1月6日、初めてとなる水爆実験を行ったと発表した。
 これは、国連安保理決議をはじめ、六者会合共同声明、さらには日朝平壌宣言に明らかに違反する暴挙である。
 北朝鮮による度重なるミサイル発射並びに核実験は、我が国を含む北東アジア地域の安全を脅かすだけでなく、世界の平和と安全を希求する国際世論を無視し、核兵器廃絶に向けた流れに逆行する許しがたい蛮行であり、唯一の被爆国として、断じて容認することはできない。
 我が国政府において、今回の北朝鮮の核実験を受けて強い内容の制裁措置を検討しているとの報道があるが、朝鮮半島の非核化、さらには拉致問題の早期解決に向け、国際社会の理解と協力を得つつ、効果的かつ厳格な措置を講じられたい。
 また、今回の実験以来、様々な方面から非難、抗議がなされてきたが、未だ具体的な状況の変化がみられないことから、昭和60年に愛すべき郷土尼崎を後世に伝えていくために、世界の恒久平和を願い、「核兵器廃絶平和都市宣言」を行った尼崎市議会としては、今回の北朝鮮の核実験に対し断固として抗議するとともに、核兵器保有国と核兵器開発国の核兵器廃絶を強く求める。
 平成28年1月22日
                    尼崎市議会議長 津田 加寿男
by tokusannmi | 2016-01-24 21:36 | お知らせ | Comments(0)