中学3年までの医療費無料が県下34市町に広がる、子育て支援充実を掲げる尼崎は未実施

c0282566_18324432.jpg 中学3年生までの医療費無料化が、2016年度からの実施を含め、兵庫県内の41自治体のうち34市町にまでひろがっているのがわかりました。所得制限を撤廃する自治体もひろがり、高校3年生まで無料化にふみだす自治体も生まれています。
 中学3年生までの医療費無料化は、2015年までは30自治体(22市・8町)でした。2016年1月から三木市が実施、新年度予算案に猪名川、稲美、上郡の3町が実施をもりこみました。その結果、1市3町増え、34自治体(23市・11町)にひろがります。
 新年度予算案では、このほか、小野市が所得制限なしで高校3年生まで無料化、市川町、福崎町が所得制限を撤廃し、篠山市が所得制限の範囲を縮小しました。
2016年度からの予定を含む子どもの医療費無料化の自治体は次のとおりです(兵庫民報編集部調べ)。
2016年度(予定を含む)未実施(県基準に上乗せの自治体も含む):6市1町
 神戸市、尼崎市、川西市、伊丹市、加古川市、豊岡市、太子町

中学校3年生まで(所得制限あり):14市4町
 西宮市、芦屋市、宝塚市、西脇市、加西市、加東市、姫路市、相生市、赤穂市、朝来市、丹波市、南あわじ市、洲本市、淡路市、多可町、佐用町、上郡町、香美町

中学校3年生まで(所得制限なし):9市7町
 小野市(高校3年生まで)、三田市、明石市、三木市、高砂市、たつの市、宍粟市、養父市、篠山市(※)、猪名川町、播磨町、稲美町、神河町、市川町、福崎町、新温泉町※篠山市は小4~中3の通院は所得制限あり
(2016年3月20日付「兵庫民報」より転載)
by tokusannmi | 2016-03-21 19:17 | お知らせ | Comments(0)