入学式に出席し、早急な小・中学校の生徒増対策を痛感する

 いまは入学式のシーズン、4月8日(金)午前は小園小学校、午後は市立尼崎双星高校、11日(月)午前は小園中学校の入学式に出席し、新入生を激励しました。小園小学校の新入生は147人、昨年は3クラスでしたが今年は5クラスへ急増。小園中学の新入生は252人で7クラス、市内で生徒数が一番多い中学校とのこと。「これ以上生徒が増えると教室が足りなくなる」と校長先生は語っていました。いまから将来の生徒の増加対策が必要です。
c0282566_22532244.jpg




一昨年の小園中学校の新入生歓迎看板
by tokusannmi | 2016-04-11 22:59 | 活動日誌 | Comments(0)