マイナンバー制度は個人情報を国が管理し、情報漏えい被害が発生すると指摘

 尼崎医療生活協同組合は6月26日(日)に開催の第48回通常総代会に向けて、総代選出などのために支部総会が開催されています。4月16日(土)は午前に浜支部、午後は長洲支部の支部総会に参加しました。浜支部では、①介護保険・要支援者の保険適用除外と市の総合事業実施、②アスベスト被害者対策について報告をしました。長洲支部ではスライドを使い「マイナンバー制度って何だ」と題して報告。マイナンバーは膨大な個人情報を国が一元管理し、国民監視強化につながり、情報漏えいやなりすまし被害が発生する恐れがあると指摘しました。
c0282566_18164532.jpg



尼崎医療生協浜支部であいさつと報告をしました
by tokusannmi | 2016-04-16 18:22 | 活動日誌 | Comments(0)