マイナンバー制度・弊害が社会問題になるまでに中止・凍結、廃止を

 今日4月17日(日)午前は、尼崎医療生活協同組合武庫之荘支部総会に出席し、マイナンバー制度について報告をしました。私は「マイナンバーの狙いは、国が国民のすべての個人情報を把握こと。1億3千万人の個人データを扱う巨大インフラで、情報が流出すると、プライバシーが丸裸になる。いったん動き出せば、見直しは不可能になる。弊害が社会問題になるまでに中止・凍結、廃止を」と訴えました。
c0282566_183422.jpg




スライドを使って報告しました
by tokusannmi | 2016-04-17 18:36 | 活動日誌 | Comments(0)