新総合事業で介護保険サービスはどうなるのか?学習会を開きます

 尼崎社会保障推進協議会が市民学習会「新総合事業は介護保険サービスをどうかえる?介護保険制度は守られるのか」を開きます。昨年の介護保険法の改定によって、2017年から介護保険の要支援者に対する介護予防の訪問介護と通所介護が、介護保険の適用が除外され、尼崎市が実施する「新総合事業」に移管されます。
 「今まで同じサービスを受けられるのか」「利用負担が増えるのでは」などの悩みは尽きません。尼崎市は3月に通所介護事業所、訪問介護事業者、利用者にそれぞれアンケート調査を行いました。市民が安心して介護がうけられるようにはどうすればよいのか、運動をどう広げるのかが学習をします。
 どなたでも参加できます。誘いあってご参加ください。

市民学習会「新総合事業は介護保険サービスをどうかえる?」
日時 4月26日(火)午後6時半より
場所 尼崎市立中央公民館視聴覚室
講師 尼崎市高齢介護課担当者

c0282566_216127.jpg

by tokusannmi | 2016-04-21 21:07 | 活動日誌 | Comments(0)