地域医療構想で病床削減、国保都道府県化は財政を県が握ることで医療費抑制を

 第3回兵庫の地域医療を守る交流集会が5月15日(日)午後、神戸市で開かれ、松村・松沢議員といっしょに出席しました。この集会は県社保協と兵庫の地域医療を守る会が開いたものです。第1部は「病床再編と公立病院改革―動向と課題」として兵庫の地域医療を守る会の今西清会長が、第2部は「国保都道府県単位化でどうなる市町の国保制度」と題して大阪社保協の寺内順子事務局長が報告しました。
 今西氏は「県下で地域医療構想を先取りして、病床削減が具体化している。これは保険あって医療なし、国民皆保険の崩壊につながる。また県下全域が医療の国家戦略特区となって医療の産業化が進んでいる」と報告しました。
 寺内氏は「2018年度からの国保都道府県単位化は財政を県が握り、実務はこれまで通り市町が行うもの、これは財政を県が握ることで医療費の抑制を狙うものだ」と指摘。また「厚生労働省は、都道府県の国保運営方針はあくまで技術的助言であり、法的拘束力はない。保険料の賦課権限はこれまで通り市町にある。一般会計からの法定外繰り入れは必ずしも解消すべきものではないと回答している」と語りました。
c0282566_18231890.jpg



地域医療構想で病床の削減を報告する今西さん






c0282566_18234486.jpg





国保の都道府県かを説明する寺内さん
by tokusannmi | 2016-05-15 18:28 | 活動日誌 | Comments(0)