「介護予防・日常生活支援」総合事業(案)の内容を分析して市へ申し入れよう

 尼崎社会保障推進協議会(社保協)の幹事会が7月26日(火)夜、市立中央公民館会議室で開かれました。リレー座談会では尼崎社保協の小林健一事務局長(尼崎医療生協)が、尼崎市が来年4月実施を計画している「介護予防・日常生活支援」総合事業について報告しました。小林さんは「総合事業は現行相当サービスの縮小・切り下げをさせないために、内容を検討、分析して要求項目を整理し、市へ申し入れよう」と訴えました。
c0282566_2210531.jpg




報告を行う小林健一事務局長
by tokusannmi | 2016-07-26 22:11 | 活動日誌 | Comments(0)