「中小企業のまち民間サミット」現地実行委員会を開き、受け入れ対策を話し合う

 中小企業が集積するまちの首長と商工会議所会頭が2年に1度開催する中小企業都市サミットに呼応して開催する「中小企業のまち民間サミット」が、今年尼崎市で開かれます。民間サミットは地域経済活性化、まちおこし、中小企業の営業を守り、雇用を守るために奮闘する中小業者団体、労働組合が、地域経済振興をめざして草の根の運動を交流し、新たな運動を起こす起爆剤にしようとするものです。第1回は1997年に東大阪で開催して以来、大田区、墨田区、尼崎市、川口市、岡谷市、東大阪市、大田区、墨田区と9回にわたり開催しきました。
 第10回中小企業のまち民間サミットの現地実行委員会が8月6日(土)午後に開かれました。宿泊者対策や懇親会運営、要員、参加者の確保などを話し合いました。
c0282566_1834404.jpg

by tokusannmi | 2016-08-06 18:38 | 活動日誌 | Comments(0)