バス停の降車場所が坂になってお年寄りが転倒しそうで危ない

 市バスが阪神バスへ移譲されました。椎堂バス停で降車場所の歩道が駐車場の入口のため傾斜となっており、お年寄りから「バスから降りるときに転倒しそうで危ない」と相談がありました。さっそく市の担当者を通じて阪神バスに改善を申し出ました。当初は「バス停を移動させるとバスが道路の角に突き出るため交通妨害になりできない」との回答。その後、車道と歩道の間の柵の一部をはずしバスの停車を1メートルほどずらせば解決することが分かり、現在は安心して降車できるようになりました。
c0282566_21283173.jpg



お年寄りの皆さんが安心して降車出来るようになった椎堂バス停
by tokusannmi | 2016-09-08 21:36 | 活動日誌 | Comments(0)