尼崎市制1〇〇周年記念祝賀事業として石見神楽が披露される

 尼崎市制100周年記念祝賀事業「万葉の里・石見神楽祭」が10月2日(日)午後、市立園田北小学校体育館で開催され、900人を超える市民が参加、堀内照文衆議院議員と出席しました。この祭りは園田北地域の皆さんが万葉の森・猪名寺廃寺跡の活用や猪名川の治水対策などで地域コミュ二ティを強めていくための一環として実行委員会をつくって開いたものです。石見神楽とは石見一円で演じられている神楽で、当日は島根県益田市の真砂神楽保存会が演じました。
 まず、園田学園女子大学近松人形劇部の皆さんが「日本振袖始」を演じ、その後、3時間にわたり真砂神楽保存会の皆さんが「塵輪」「黒塚」「恵比須」「大蛇」の演目を披露しました。大蛇では、須佐之男命が八岐大蛇を退治する様は迫力がありました。
c0282566_2155524.jpg




須佐之男命が八岐大蛇を退治する






c0282566_2144832.jpg




恵比須と大黒さんの舞






c0282566_2145313.jpg




稲村和美尼崎市長があいさつする






c0282566_21453396.jpg

by tokusannmi | 2016-10-02 21:58 | 活動日誌 | Comments(0)