国分寺市のコミュニティスクールといじめ防止・児童会生徒会フォーラムについて

 文教委員会の行政視察2日目は国分寺市のコミュニティスクールといじめ防止・児童会生徒会フォーラムについて視察をしました。
 国分寺市の小学校10校、中学校5校では従来から学校運営協議会が設立され、地域と学校がつながっていました。それをさらに発展させたのがコミュニティスクールです。現在3つの小学校で行われ、学校関係者、PTA・自治会役員、地域協力者15人の協議委員により、地域と学校が協力体制のもとで、体験学習、社会学習、防災訓練などに活用されています。
 いじめ防止・児童会生徒会フォーラムでは、まず大津のいじめ事件を契機に市長の方針のもとで「いじめ虐待防止条例」が制定されました。それを実行していくために、いじめ防止・児童会生徒会フォーラムが開かれています。今年は児童・生徒、市民、保護者、学校関係者など92人が参加して、11月7日にいじめ問題について話し合います。今後は、このフォーラムで得た情報などを全校の児童・生徒に広める取り組みを各校の児童会・生徒会ですすめることになっています。
 3日目は浜松市議会で教育委員会より、教職員に自覚と使命感を持ってもらうための学校組織の改善方法を提案する「学校を元気にする委員会」について聞き取りました。
c0282566_22572594.jpg



国分寺市議会で聞き取りをしました





c0282566_22574555.jpg




国分寺市庁舎まえで
by tokusannmi | 2016-11-01 23:00 | 活動日誌 | Comments(0)