兵庫の地域医療を守る交流集会で尼崎市内の救急医療体制について報告する

 第5回兵庫の地域医療を守る交流集会が、11月6日(日)午後、神戸のじぎく会館で開かれ参加しました。兵庫民医連の堤さんが県下市町の新総合事業の内容と課題について、兵庫の地域医療を守る会の今西さんが、日高MC入院機能廃止問題とその取り組み、新公立病院改革による経営形態見直しについて報告しました。私も尼崎市内の救急医療体制の現状について、「10月に発表された兵庫地域医療構想で、県立尼崎総合医療センターの2次、3次小児救急医療体制に過剰な負担はかからない対策が指摘されている」と報告しました。
c0282566_1850525.jpg




兵庫の地域医療を守る交流集会で報告
by tokusannmi | 2016-11-06 18:53 | 活動日誌 | Comments(0)