自治体問題県周所の市町村議会議員研修会で学ぶ

 自治体問題研究所の市町村議会議員研修会が11月7日(月)8日(火)大阪で開かれ参加しました。1日目は京都大学・岡田知弘教授の「地域経済振興と中小企業振興条例」、2日目午前は、明治学院大学・河合克義教授の「高齢者介護・福祉政策をめぐる争点と自治体の役割―高齢者の貧困と孤立の実態から考える」、津市立三重短期大学・長友薫輝教授の「「新総合事業・地域包括ケアの実践事例報告」を聞きました。河合教授は「高齢者対策は介護保険のみでカバーできない、高齢者に寄り添った施策が大切だ」と報告しました。
c0282566_21523446.jpg

by tokusannmi | 2016-11-09 22:10 | 活動日誌 | Comments(0)