残念なことに園和幼稚園を廃園する条例が文教委員会で可決されました

 12月議会文教委員会が12月15日(木)午前に開かれました。まず園和幼稚園を廃園にする「市立幼稚園の設置及び管理に関する条例改正」と「園和幼稚園の耐震化工事の早期実施等についての請願」を審議しました。1時間に及ぶ激しい質疑の後、残念ながら「市立幼稚園の設置及び管理に関する条例改正」は賛成多数で可決されました。
賛成 新政会(2人)、市民グリーンクラブ(1人)、緑のかけはし(1人)
反対 共産党(徳田)、公明党(1人)、維新の会(1人)

 この条例可決に伴い請願項目の「園和幼稚園の存廃の判断を耐震化工事完了後まで留保し、入園募集者数の増加に向けた積極的な取り組みを進めること」はみなし不採択となり、「市立幼稚園教育振興プログラムにおいて、27年度までに判断するとしていた園和幼稚園の耐震化工事を、今年度の園児募集結果に関わらず、直ちに着手すること」の項目は継続審査となりました。

 一般会計補正予算では、私は学校給食調理業務の偽装請負可能性への対策について質疑を行いました。討論で「学校給食は教育の一環であり、子供たちの健康と、安心安全を提供することになり、身分の安定した、市民への奉仕を基本的な考え方のもと、公務員が調理業務にあたるべきと考えるので、調理業務の委託事業が債務負担行為として含まれている一般会計補正予算(4号)に反対する」と発言し、共産党(私)以外の賛成で可決されました。

 市内6カ所の体育館と屋内プールの社会体育施設を公益財団法人尼崎市スポーツ振興事業団に指定管理を委託する条例で、私は市の外郭団体であるスポーツ振興事業団へ更なる管理上の改善を求め、全会一致で可決されました。

 小園地域学習館の施設活用についての陳情で、私は11月29日の利用者への説明会の内容を質疑し、規定により審議未了となりました。
by tokusannmi | 2016-12-17 10:40 | 活動日誌 | Comments(0)