消防出初式で「大地震、洪水、大火災が相次ぎ、消防の役割が増している」と訓示

 尼崎市消防出初式が1月8日(日)午前に行われました。雨天の為、式典のみで消防署員、消防分団員、市民1000余人が参加しました。昨年、火災は減少したが救急車の出動は過去最高となった。熊本や鳥取中部地震、台風による洪水や糸魚川大火災など全国的には大災害が相次ぎ、消防の役割が増していると訓示されました。
c0282566_171242.jpg




17年尼崎市消防出初式
by tokusannmi | 2017-01-08 17:02 | 活動日誌 | Comments(0)