園和幼稚園の耐震化工事を求める請願は審議未了に

 閉会中の文教委員会が1月16日(月)午前に開かれ、園和幼稚園の耐震化工事の早期実施等についての請願を審査しました。この請願は、①園和幼稚園の耐震化工事を募集結果に関わらず着手し、②幼稚園存廃の判断は耐震化工事完了まで保留することを求めるものでした。ところが2項目目は12月議会で園和幼稚園を廃園にする条例が可決された為「みなし不採択」になっていました。
 教育委員会は「2年後に廃園がきまっている幼稚園の耐震化工事は費用対効果からできない。避難訓練を強化し、地震時はシェルターとなる重量作業台を設置する」と説明。私は「園和幼稚園は2年間は存続するわけで、いのちに関わる問題、直ちに実施すべきだ。以前に園和幼稚園の視察を行い、説明を受けた際には、建物は南向きに開放的になっているので、その点が弱いとの説明を受けた。壁を作るとか、柱を補強するとかで耐震性が弱い部分の補強をすべきではないか」と耐震化工事を求めましたが、請願は審議未了になりました。
c0282566_21475651.jpg



昨年7月に行った視察で園和幼稚園の門前
by tokusannmi | 2017-01-16 21:52 | 活動日誌 | Comments(0)