尼崎社会保障推進協議会が「介護予防・日常生活支援総合事業」学習会を開きます

 今年4月から要支援者に対する介護予防の訪問介護と通所介護が介護保険の適用から外され、国から市の「介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)」に移管されます。
 今まで通りの「専門型訪問サービス」を受ける方もあれば、専門家(ヘルパー)以外の支援で「標準型サービス」受ける方など様々で「自分は?どうなるのか」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。
 事業所も徐々に介護報酬が減らされていくと、介護職員の確保、処遇改善を困難にして満足な介護が提供できず事業規模の縮小も余儀なくされます。
 そこで尼崎市担当者に考え方を聞き、市民が安心して介護を受けるために学習会を開きます。どなたでも参加できます。ぜひ参加をお待ちしています。

「介護予防・日常生活支援総合事業」
          ー市民学習会ー

     日時 1月24日(火)午後6時より
     場所 尼崎中小企業センター会議室
     説明 尼崎市高齢介護課担当者

       主催 尼崎社会保障推進協議会
c0282566_224028100.jpg

by tokusannmi | 2017-01-23 22:40 | お知らせ | Comments(0)