老朽化した保育所は直ちに建て替えを!堀内照文衆議院議員と保育所視察

 老朽化した尼崎市立保育所視察を2月10日(金)午後、堀内照文衆議院議員、川崎敏美市議といっしょに行いました。訪れたのは七松、難波北、次屋、杭瀬保育所。次屋保育所は築46年のプレハブ造り、早急な建て替えが求められます。杭瀬保育所は築42年、外壁にアスベストが含まれていることが分かり、はがれている壁はテープで覆ってありましたが安全とは言えません。
 次屋と杭瀬保育所は保護者から保育所建て替えの陳情が市議会へ提出され、継続審査となっています。
c0282566_21183636.jpg



築46年プレハブつくりの次屋保育所の前で






c0282566_2119444.jpg



アスベストが含まれているためテープで覆っている杭瀬保育所の柱
by tokusannmi | 2017-02-10 21:24 | 活動日誌 | Comments(0)