日本共産党尼崎市議団が予算議会を直前に市民懇談会を開き市民の要望を聞く

 2月20日から3月24日まで予算議会が始まります。日本共産党尼崎市会議員団は予算議会直前の2月18日(土)午後、市民懇談会を開き様々な意見を聞きました。まず私があいさつを行い、辻おさむ幹事長が予算の概要、2017年度主要事業、議案を報告しました。
 参加者から「障害者(児)移動支援事業の見直し案が提案されているが、これでは障害者事業所はやっていけなくなる」「今後の公立保育所の民間移菅は」「児童ホームの待機児童は400人にのぼっている、定員増が急がれる」「中核市で設置義務になった児童相談所と今度できる子どもの育ちに係る支援センターの関係は」「中学校給食実施に向けての今後の展望は」「住宅の空き家対策事業をすすめながら生活弱者への支援の強化を」など様々な要望が寄せられました。
c0282566_22253881.jpg




私が開会あいさつをしました






c0282566_2226368.jpg




予算の説明を行う辻おさむ幹事長と参加者
by tokusannmi | 2017-02-18 22:28 | 活動日誌 | Comments(0)