堀内照文衆議院議員、庄本えつこ県議などが徳田みのる事務所開きで訴える

c0282566_7455697.jpg 徳田みのる事務所を4月15日(土)午後、小雨の合間に開きました。事務所開きでは宮田静則元県議が事務所開設に向けて報告。保育後援会の大城さん、尼崎民商の土谷洋男会長、アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会の粕川寛則事務局長、庄本えつこ県議が激励のあいさつ、そして堀内照文衆議院議員が国会報告をしました。
 堀内議員は「安倍政権に対し北朝鮮への軍事的圧力による選択肢を歓迎すべきではない」と切り出し、「介護保険法の自公の突然の委員会強行採決は議会ルールを無視したもの」そして森友学園への国有地売却問題を報告。徳田みのる市議が「この4年間、市民要求実現のために奮闘してきた。引き続き市会で働かせて欲しい」と訴え、最後に乾事務所責任者が行動提起をしました。
c0282566_7452920.jpg



国会情勢をからめて激励を行う堀内衆議院議員






c0282566_7463382.jpg




訴える庄本県議






c0282566_748637.jpg




激励をする粕川さん
by tokusannmi | 2017-04-16 07:55 | 活動日誌 | Comments(0)