文教委員協議会で学校施設の地域開放と中学校給食検討委員会報告書について質疑を行う

 市議会閉会中の文教委員協議会が4月24日(月)午前に開かれました。議題は学校施設の地域開放の実施と中学校給食検討委員会検討報告書についてなどです。
 学校施設の地域開放の実施については、学校が地域と一体となって「地域とともにある学校」へ転換していくために、施設及び運営の両面において地域に開放が可能な学校施設を地域に開放し、開かれた学校園づくりを進めるために行われるものです。今回は試行的に6行政区に小学校1校を選定して実施し、将来は全小学校に拡大を予定しています。私は「学校施設の地域開放が貸館的な使用で,子どもを育む、本来の目的に反したものとならないか危惧される」と指摘しました。
 中学校給食検討委員会検討報告書について、私は「報告書は、給食センター方式が望ましいとなっている。意見集約に至る過程で、安全・安心な学校給食、学校給食の適温提供、食育の推進では小学校の内容と同水準が求められ、その点では明らかに小学校で実施されている自校方式が優れているが、結局は学校運営、学校環境への影響の軽減の点から給食センター方式が望ましいとなっている。この結論に至った具体的な審議内容の記述が乏しい」と指摘。今後の基本計画策定には、この報告書は1つの意見として、市民の意見を十分に聞きながら計画作成を行うこと求めました。
中学校給食基本計画策定スケジュール
 2017年5月 検討委員会検討報告書の公表と市民意向調査の実施
     6月~10月 基本計画素案の作成
     11月 素案の公表と市民意見募集(パブリックコメント)の実施
     12月 最終案の作成
 2018年1月 基本計画の公表

by tokusannmi | 2017-04-24 23:34 | 活動日誌 | Comments(0)