尼崎社保協市民学習会「総合事業が始動、介護保険制度はどうなる」を開きます

 国は、介護保険の要支援者の訪問介護や通所介護を介護保険からはずし、市町村が行う介護予防日常生活支援総合事業に移行させました。尼崎市も今年4月からこの総合事業をはじめました。お年寄りの皆さんからはこれまで通りのサービスが受けることができるのか、介護事業者からはこれまで通りやっていけるのか不安の声が上がっています。
 尼崎社会保障推進協議会(社保協)は、日頃から介護制度の改善充実に取り組んできました。この度、大阪社保協の介護保険対策委員長の日下部雅喜さんを招いて学習会を開きます。ぜひご参加ください。

尼崎社保協市民学習会「総合事業が始動、介護保険制度はどうなる」
 日時 5月13日(土)午後2時より
 場所 フェスタ立花5階・すこやかプラザホール
 講師 大阪社保協介護保険対策委員長 日下部雅喜さん
 参加費は無料
  共催 尼崎社会保障推進協議会・尼崎医療生活協同組合

c0282566_851883.jpg

by tokusannmi | 2017-05-05 08:16 | お知らせ | Comments(0)