任期最後の文教委員会で小学校英語教育支援事業について審議する

 任期中最後の常任委員会、文教委員会が5月12日(金)に開かれました。審議は補正予算案のみ、教員指導力向上事業です。これは県からの委託を受け、地域人材を活用した小学校英語教育支援の充実を図るものです。
 小学校5年・6年は年間35時間の英語の外国語活動があり、その内3時間が専門の指導補助員によるものです。この時間を8時間へ増やすもの。私は、学習指導要領で、2020年から小学5・6年で英語が教科になり、外国語活動が3・4年生になるにあたっての対策などを質疑。教育委員会は「小学校のすべての教員を対象に英語教育の研修をする」「教育課程検討委員会を開いて英語教科のあり方を研究する」と説明、補正予算案は全員が賛成しました。
c0282566_7485670.jpg


3月22日予算特別委員会採決の前に日本共産党議員団を代表して意見表明をしました
by tokusannmi | 2017-05-13 07:51 | 活動日誌 | Comments(0)