バス停留所のベンチ撤去を考える会の申し入れ行動に参加する

 バス停留所のベンチ撤去を考える会の申し入れ行動が5月18日(木)午後に行われ、市の地域交通政策推進の北川貴宏課長らが応対、市議団から松沢議員とともに参加しました。市バスが阪神バスに移譲された際に多くのバス停ベンチが撤去されました。昨年8月4日に、上坂部・若王寺地域7カ所のバス停ベンチの設置を求めて要請。JR塚口駅前のバス停ベンチが設置されました。今回のこの申し入れは、その他のベンチの設置を求めて再度行われたものです。市の担当者は「神崎北団地東行きバス停前の道路は自転車道工事中の為、終了すれば設置する。近松公園停留所は自転車通行帯の設置計画があるので工事待ち。上坂部バス停ベンチはマンションの組合と協議をするところだ」と説明しました。
c0282566_443237.jpg




バス停ベンチを求める申し入れ
by tokusannmi | 2017-05-19 04:47 | 活動日誌 | Comments(0)