2017年 08月 21日 ( 2 )

c0282566_6245812.jpg 園田まちづくり委員会と園田在住市議との懇談会が8月20日(日)午後に開かれました。
 園田まちづくり委員会は園田地域の様々な課題を検討し、住みやすいまちづくりをめざして、昨年10月に設立されたものです。またこの懇談会は、これまで園田在住市議は3人でしたが、6月の市議選で7人となり、園田地域の課題を市政に反映するために行われたもので、広瀬若菜議員とともに出席しました。
 懇談会で、私は「尼崎の総合戦略で、20歳代の市民は転出より転入が多いが、10歳代と30歳代は転出の方が多くて、人口減少の原因となっている。そのために子育て施策の充実が欠かせない」「昨年、猪名川藻川の浸水想定が大幅に見直され、それによるハザードマップの改定が急がれる。また災害時の避難所の拡充が大切だ。そのため園田地区会館の島之内地域に存続が必要だ」などと発言しました。
c0282566_5343168.jpg 阪神土建労働組合尼崎支部住宅デ―8月20日(日)に開催され、激励のあいさつをしました。
 住宅デ―では、住宅相談会や、耐震診断相談とともに、子どものための銅板工作や木工工作に、たくさんのちびっこが職人さんの援助のもと作成に挑戦して、夏休みのたのしい思い出をつくっていました。
 また、かき氷や焼きそばなどの模擬店とともに、ミニ畳作りの実演・販売、中学生の吹奏楽演奏などが行われ、にぎやかに開かれていました。