2018年 01月 07日 ( 1 )

 自治体消防発足70周年尼崎市出初式が1月7日(日)午前、市立中央中学校校庭で、消防職員、消防団員、自主防災会など1500人の参加で開かれました。河本博志消防局長は訓示で「自治体消防が発足して70年経過し、この間ビル火災や阪神淡路大震災で奮闘してきた。昨年の火災発生は120件と増加したが低迷している、救急出動は2万9千900件と過去最高を記録、救急課を新設し救急隊も1隊増やした」と報告。市民の安全を守る、今後の活動が期待されています。
c0282566_18173810.jpg

消防隊員の観閲行進



c0282566_18175714.jpg

尼崎市出初式参加者