<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 2005年のJR福知山線脱線事故のあとJRに対して安心安全な運行を求めていこうと共産党、尼崎労連、尼崎民商、新婦人などが「安全なJRを求める尼崎の会」を結成しました。そしてJR尼崎駅のプラッとホームが朝夕のラッシュ時は乗り換え客などで混雑して危険であると改善を求める署名に取り組んできました。この署名はJRを使う通勤通学市民にたいへん喜ばれ、短期間にたくさん寄せられました。当時、私は尼崎民商事務局長としてこの運動に参加してきました。そして、庄本えつこさんなど「会」の代表がJR西日本へ署名を提出。また日本共産党の国会議員団近畿ブロックや県委員会の協力も得ながら申し入れ行動も行ってきました。2年半前にJRが尼崎駅の乗りかえ陸橋と改札口の増設を発表。新しい乗りかえ陸橋は今年秋に設置され、11月29日に新しい改札口がオープンしました。乗りかえ陸橋と改札口の増設はこれまでの私たちの運動が反映したものです。
c0282566_632177.jpg
2年前に乗乗りかえ陸橋と改札口の増設が発表された後に現地を視察する庄本悦子さん、堀内照文さんなど「会」の皆さん


c0282566_641252.jpg



11月29日にオープンしたJR尼崎駅の新しい改札口
 日本共産党中央委員会は「安倍政権の暴走ストップ!国民の声が生きる新しい政治を―日本共産党の総選挙政策」を発表しました。志位和夫委員長が党本部で記者会見し、「首相はもっぱら『アベノミクス』(安倍政権の経済政策)に争点を絞ろうとしていますが、国民が関心を持っている問題は『アベノミクス』だけではありません。消費税、集団的自衛権、原発、沖縄新基地建設、その全体が争点になります。今度の選挙を安倍政治の全体を問う選挙にしていきたい」と語りました。
詳しい内容は下記のアドレスをクリックしてください。
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-625.html
 日本共産党尼崎市議団は11月26日(水)午前、i2016年度予算に対する要望書を稲村和美尼崎市長へ提出し、短時間懇談しました。要望書は、税収の確保の観点からも現役世代の転出をくいとめ、市内循環型の地域経済の活性化策の充実を図り、市民が平和で安心して暮らせる市政運営をめざすことを求め、要望は70項目にわたっています。
要望書の内容は下記のアドレスをクリックしてください
http://jcp-amagasaki.main.jp/archives/1517
c0282566_2245560.jpg




稲村市長に要望書を提出する尼崎党市議団
11月23日付けしんぶん赤旗より転載
c0282566_22362793.jpg

 厚生労働省が11月18日発表した9月の毎月勤労統計調査(確報)によると、物価の変動を反映した賃金水準を示す実質賃金指数(現金給与総額)は前年同月比3・0%低下し、前年割れは15カ月連続でした。アベノミクスによって物価が押し上げられているため、実質賃金の低下が止まらないなど、貧困と格差が拡大する一方です。
c0282566_22382268.jpg

しんぶん赤旗11月19日付けより転載
c0282566_2232788.jpg

c0282566_18442524.jpg 国会が解散され総選挙へ、さっそく11月22日は街頭で「消費税10%増税は先送りでなく中止を」と訴えました。午前中は長洲地域で8カ所、午後は若王寺で7カ所で宣伝をしました。各地で手を振って、市営住宅前ではビラを下さいと激励を受けるなど大きな反応でした。
 尼崎市立琴ノ浦高等学校開校記念式典が11月19日(水)夜に開催され、来賓として出席しました。
 定時制の市立琴ノ浦高等学校は2013年4月に市立定時制の城内高校と尼崎工業高校が発展的に統合して誕生しました。そのため普通科高校でありながら、商業、工業機械、工業電気も選択科目として取得できる高校となっています。現在は2学年まで260人程度ですが、4学年までになれば500人を越える大きな定時制高校となります。
c0282566_20515871.jpg

c0282566_20522328.jpg

 尼崎医療生活協同組合合併40周年記念レセプションが11月16日(日)に開かれ、参加しました。
 現在の尼崎医療生活協同組合は、1974年4月に戸ノ内医療互助会、東尼崎医療生活協同組合、(旧)尼崎医療生活協同組合の3法人が合併して誕生しました。そもそもは1949年に市内の労組、民主団体などが協同して国道2号線沿いにナニワ病院を開設したことから始まります。現在は5万3千人の組合員を擁し、事業高は67億円、社会福祉法人虹の会、薬局の有限会社ヘルス企画、介護事業などの有限会社虹のサービスの虹のネットワーク全体では92億円にのぼっています。私は1997年ごろから2013年まで監事を引き受けていました。
 レセプションでは大澤芳清実行委員長(尼崎医療生協病院副院長)、福島哲専務理事があいさつ、来賓として尼崎医師会の黒田佳冶会長,全日本民医連の藤末衛会長,日本医療福祉生協の東久保浩喜専務理事が来賓あいさつを行い、その後、コンサートを楽しみ、参加者で懇親しました。
c0282566_20244035.jpg




和洋アンサンブル四条屋のコンサート





c0282566_20343488.jpg




あいさつを行う大澤実行委員長





c0282566_2035721.jpg




あいさつを行う黒田医師会長




c0282566_20353112.jpg




あいさつを行う全日本医連の藤末会長
 尼崎市長選挙、私は12日(水)夜と13日(木)午前、民主市政をつくる会の政策宣伝車で「ひろせ幸夫」候補の政策を訴えてまわりました。立ち止まって聞いてくれる人、手を振って激励してくれるなど大きな反応、をありました。14日の朝はJR尼崎駅南でひろせ幸夫候補と共に宣伝を行い、「頑張ってください」と励まされました。
c0282566_94694.jpg



14日の朝、JR尼崎駅前で訴えるひろせ候補