<   2015年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

尼崎6月定例市議会が6月9日から24日まで開会します。

一般質問 6月10日(水)〰12日(金)
常任委員会(時間は何れも午前10時より)
   健康福祉委員会 6月17日(水)川崎・松沢議員
   経済環境委員会 6月17日(水)松村議員
   建設企業委員会 6月18日(木)辻議員
   文教委員会   6月18日(木)真崎議員
   総務消防委員会 6月19日(金)田村・徳田議員

日本共産党尼崎市議団が、6月市議会にむけての「市民懇談会」を開催します。

 日本共産党市議団・市民懇談会
   日時 6月3日(水)
        午後6時30分より
   場所 中小企業センター会議室
  たくさんの参加をお待ちしています!
c0282566_6344788.jpg

 昨年度に続き今年度も、消費税増税よる影響を緩和するためとして「子育て世帯臨時特例給付金」と「尼崎市臨時福祉給付金」の支給が始まります。

子育て世帯臨時特例給付金
基準日 2015年5月31日
対象者 2015年6月分の児童手当の受給者
 昨年度は支給対象外であった臨時福祉給付金及び生活保護受給者も対象
 特例給付(2014年中の所得が児童手当の所得制限額以上)の受給者は対象外
対象児童
 支給対象者の6月分の児童手当(特例給付を除く)の対象となる児童
支給額 対象児童1人につき3000円(1回限りの支給)
申請期間 2015年6月8日~12月8日
申請方法
 6月5日(金)に送付予定の「児童手当現況届」が同給付金の申請書を兼ねているので、同封の返信用封筒(切手不要)で返送を基本とする。
 出生や転入などで6月分から尼崎市で児童手当を受給する方は、児童手当の新規申請と併せて同給付金の申請を受け付ける。
 公務員は勤務先から児童手当受給状況証明済の申請書が交付されるので、郵送又は持参により受け付ける。
支給時期 10月中旬から原則児童手当の振り込み口座へ順次振り込みの予定
支給対象人数 6万2千人(昨年度4万4千人)
支給額予算 2億4150万円

尼崎市臨時福祉給付金
基準日 2015年1月日
支給対象者
 2015年度の市民税(均等割)が課税されていない方
 但し市民税課税者の被扶養者となっている方、生活保護受給者は対象外
支給額 対象者1人につき6000円(1回限りの支給)
申請期間 2015年8月31日~2016年1月20日
申請方法
 8月下旬より順次発送の予定の「尼崎市臨時福祉給付金申請書」に同封の返信用封筒(切手不要)で返信の郵送による申請を基本
受付窓口
 アミング・プラスといきいき3階の特設窓口(本庁、支所、サービスセンターに窓口はない)
支給時期 10月中旬から順次振り込み予定。
支給対象者
 11万7233人(昨年度は11万915人対象で8万3549人が受給)
給付金額 7億339万8千円を予定
 倉敷民商事件・無罪を勝ち取る兵庫の会結成総会が5月28日(木)夜、神戸勤労会館で開かれ、全県から300人が結集しました。中小業者の自主的な組織である倉敷民商が会員の納税実務を相互援助しながら、自らの申告は自ら計算して行う「自主計算・自主申告」を行ったことに対し、警察が昨年1月と2月に法人税法違反、税理士法違反として相次いで3人の事務局員を逮捕、この裁判を支援するために結成されたものです。総会では同事件弁護団の則武透弁護士が講演、「この事件は民主的な税務行政や消費税増税中止を求めて、運動の先頭に立って闘う民商を弾圧するための冤罪である」と報告。428日間の長期間の拘留と闘ってきた禰屋町子さんが涙ながらに支援を訴えました。
c0282566_19261520.jpg




記念講演を行う則武弁護士






c0282566_19263541.jpg





支援を訴える禰屋さん
 尼崎市プレミアム付き商品券の申し込み受け付けが始まっています。
 国は2014年度補正予算で地域の消費喚起として総額2540億円の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」をつくりました。尼崎市がこの交付金を活用して4億6千5百万円の消費喚起促進事業・補正予算を2月市議会に提案し可決しました。
 この事業を活用して尼崎商工会議所はプレミア率25%の商品券「あまプレ25」をまた各地の商店街はプレミア率30%の商品券「あまプレ30」を発売します。
商品券「あまプレ25」の申し込みは6月11日まで、専用ホームページまたは葉書で申し込みます
 申し込みの専用ホームページは下記をクリックしてください
   http://www.p-shouhinken.com/amagasaki/oubo/
商品券「あまプレ30」の申し込みは各団体商店街に直接お電話ください
c0282566_18572971.jpg

c0282566_18575477.jpg

 生活保護に至る前の段階で自立支援策の強化を図るために生活困窮者自立支援制度が今年4月から始まりました。制度を知って運動に活かしていこうと尼崎社会保障推進協議会が、市出前講座を活用して市民学習会「どうなる尼崎の生活困窮者自立支援」を、5月26日(火)夜、中央公民館で開催し、市民43人が参加しました。
 市福祉事務所の生活困窮者自立支援担当者が1時間にわたって報告、「生活保護受給者以外で経済的に困窮している人に、幅広く、様々な問題を相談し、計画的、継続的に、居住確保、就労支援、家計相談、学習支援等様々な支援をワンストップ相談で包括的に行う。最初の月の4月は100件の相談があった」と説明しました。
 参加者から「生活保護を受給させない作用をしないのか」「税や保険料を滞納している人は無理やり徴収を迫られるのではないかと就労支援相談に行かないのではないか」などの質問が出されました。報告を聞いた参加者は「この制度を知らなかった。活用したらよい制度になる」「市役所が窓口であるので市民が安心して相談できる」と語っていました。
c0282566_9184521.jpg




説明を行う自立支援担当者






c0282566_9191379.jpg




質問をする参加者
日時 6月21日(日)午後1時半から4時半
申し込みは「官製はがき」で6月3日(水)必着です

c0282566_15561014.jpg

 消費税廃止尼崎連絡会が毎月行う「消費税増税中止を求める宣伝行動」が、5月25日(月)夕方、阪神尼崎駅で取り組まれました。尼崎民商などから9人が参加し、消費税をなくす兵庫の会の藤原紀嘉事務局長とともに私も訴え、25人から署名が寄せられました。
c0282566_20235218.jpg





私も訴えました
 アメリカの戦争に自衛隊を参加させる戦争立法が国会で26日から審議入りを前に、「戦争立法を許すな!」と後援会の皆さんと宣伝行動を23日(土)午後は若王寺、24日(日)午後は長洲東通や常光寺のまちかどで行いました。私はハンドマイクで「今回の戦争立法は、これまで禁じられていた戦闘地域への自衛隊派兵を認めるものだ。自衛隊の危険性が高まる。ポツダム宣言を読んでいない安倍首相は総理の資格はない」と訴えました。
c0282566_21141137.jpg





訴える私です
 森永製菓工場跡地への万代塚口店出店に対する大店立地法に基づく説明会が5月23日(土)午前に開かれ出席しました。この店舗は2999㎡で朝7時から夜中12時までの営業、駐車場は155台、今年12月1日以降のオープン、来店車は1日1337台と見込んでいるとの説明でした。
 私は「現在でも若王寺交差点やピッコロシアター南交差点は車の渋滞が常態化している。溢れた車が住宅街に侵入して危険である対策を、万代のオープン後にマンション建設が始まる、その工事車両と来店車が競合するが考慮されていない。荷捌き時間が夜10時までとなっているが夕方6時までで打ち切るべきだ。学校の通学路に対する安全対策を」と意見を述べました。
 この出店に対する意見を兵庫県に提出しましょう。

この出店に対する意見の提出先と縦覧
 兵庫県県土整備部まちづくり局都市計画課 ☎078-362-9296
提出期限 8月28日
出店計画の縦覧  阪神北県民局宝塚土木事務所まちづくり建築課

意見書提出用紙のひな型
c0282566_1926555.jpg

c0282566_1927113.jpg

c0282566_20173130.jpg 私は市議会推薦で尼崎市民共済生活協同組合理事となっています。5月22日(金)午後に理事会が開かれ出席しました。理事会では総代会提出事項の審議をしました。事業報告では、平成26年度は契約の減少が続き、共済金の支払いも減っている。剰余金処分では年度末の組合員に対し掛金の44%相当額を割り戻し、市制100周年記念事業協賛金として積み立てることが確認されました。私は「使い道を決めずに剰余金を積み立てている任意積立金が7億円を越えている、計画的な活用が必要でないか」と意見を述べました。