<   2017年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 5月31日は(水)は選挙4日目。朝は南塚口町であいさつに立ち、街頭宣伝の間に、若王寺に設けた移動事務所の事務所開き、また常光寺町と長洲をモモタロウ宣伝し、街頭宣伝に拍車がかかっています。
c0282566_2284019.jpg




若王寺の移動事務所ひらき







c0282566_513836.jpg




南塚口町での朝のあいさつ




c0282566_22101114.jpg



上の島町の街頭宣伝
 尼崎市議選が中盤に入り選挙戦ははげしく闘われています。定数42人に対し、立候補者は、自民は12人(現有6人)、公明は12人(現有8人)、維新は8人(現有4人)、社民は2人(現有2人)、民進1人(現有1人)に対し、共産党は現有6人に7人で、全国的にも異例な立候補状況で、激しいものとなっています。
 私「徳田みのる」は今日30日(火)は、早朝に阪神杭瀬駅前を皮切りに、街頭宣伝を夜8時まで元気よく行いました。南塚口町8丁目の公園では若いお父さんが「ビラをください」とかけつけ、JR尼崎駅北の潮江交番横では「頑張ってください」とたくさんの菓子の差し入れがあり、市民に訴えの広がりを実感しています。
c0282566_22282597.jpg




塚口西公園横で訴える






c0282566_2229369.jpg

公営掲示板



c0282566_22292821.jpg





徳田みのる選挙事務所
by tokusannmi | 2017-05-30 22:34 | 活動日誌
 尼崎商店連盟が私「徳田みのる」の推薦を決定し、必勝の檄と花束が届けられました。推薦を受けたのは各会派の7人で、私ははじめてです。
c0282566_21433492.jpg









尼崎商店連盟の必勝の檄











c0282566_2144964.jpg





激励の花束








c0282566_21444027.jpg








尼崎商店連盟の推薦状
 尼崎市議選が5月28日(日)に火ぶたを切りました。初日は午前10時から出発式を行い、元気よく街頭宣伝に出ました。杭瀬商店街で大門実紀史参議院議員、若王寺コンパーノ前(自宅前)と上ノ島バス停前では堀内照文衆議院議員の応援を受けました。
c0282566_222178.jpg




元気よく出発しました






c0282566_2231199.jpg





出発式で訴える私






c0282566_2235472.jpg



上の島バス停前で堀内照文衆議院議員の応援を受ける
 尼崎市議選が28日に告示(6月4日投票)されます。安倍首相が9条改憲を公然と主張するもとで、「尼崎から共産党を伸ばし、市民と野党と共闘を強め改憲阻止を」と訴え、市民の共感が広がっています。5月27日付しんぶん赤旗関西版より転載
c0282566_19241883.jpg
 
徳田みのる出発式
 日時 5月28日(日)午前10時より
 場所 徳田みのる事務所前
 弁士 松田隆彦・党兵庫県委員長など

告示日28日に国会議員が来援
 大門みきし参議院議員
  午後1時20分~40分  杭瀬商店街ちどり前

 堀内照文衆議院議員
  午後2時25分~40分  若王寺コンパーノ前(徳田自宅前)
  午後3時~15分     上ノ島バス停前
c0282566_4365776.jpg

 定数42に60人以上が立候補をする多数激戦が予想される尼崎市議選(6月4日投票)が28日から始まります。未来に希望ある尼崎にして行くためにがんばります。5月26日付しんぶん赤旗より転載。
c0282566_4553021.jpg

 5月25日(木)午前に兵庫県商工団体連合会の磯谷吉夫会長の応援を受けて、JR尼崎駅南で街頭宣伝。中小企業・中小業者支援の強化を訴えました。
 午後は園田地区老人クラブ連絡会総会に来賓として出席。卒寿(90歳)の方は45人(男性11人、女性34人)、その内13人が元気に出席されていました。c0282566_19561162.jpg






JR尼崎駅前で訴える磯谷会長
 憲法が保障する内心の自由を侵害する「共謀罪法案」の衆議院本会議での採決が23日に強行され、自民、公明、維新などの賛成多数で可決されました。
 さっそく23日の夕方はJR尼崎駅北、24日の夕方はJR尼崎駅南で「必ず参議院出廃案にしようと訴えました。通りかかった市民から「安倍になって怖い」「共産党がんばれ」と大きな反応が寄せられました。
作 大福きなこさん 日本共産党岡山県委員会ホームページより転載
c0282566_2141288.jpg
 
 市バスの時には多くのバス停にベンチがあり、バス待ちの高齢者や障がい者などに喜ばれていました。阪神バスへの移譲で、道路構造令に違反するとして多くのベンチが撤去されました。これまで日本共産党と地域住民で道路幅をはかり、ベンチの設置を求め、次々とバス停にベンチが設置されてきました。引き続き、未設置のバス停にもベンチの設置を求めていきます。
c0282566_19212721.jpg