1月14日は成人式が開催されました。尼崎市民の新成人は4300人、まず共産党市議団と庄本悦子県議、高橋正吾県議予定候補と会場のベイコム総合体育館前で、新成人にお祝いと連帯のメッセージを送りました。4月の県会議員選挙、7月の参議院選挙で若者の声が届く政治をつくろうと訴えました。その後、尼崎市主催の成人のつどいに出席しました。
c0282566_12291406.jpg




庄本県議、高橋県議予定候補と訴える




c0282566_12292723.jpg





園田学園の教え子と再会を喜ぶ高橋正吾県議予定候補




c0282566_12300193.jpg




はたちのメッセージを述べる新成人の看護学生4人


 県議選にむけて高橋しょうご事務所開きを1月13日(日)午前に行い、160人が結集しました。
 事務所開きでは40年以上教師をしていた園田学園の卒業生から、女子会へ参加する高橋さんの気さくな人となりが紹介され、宮田静則元県議から共産党県議の必要性について、金田峰生参院選兵庫選挙区予定候補が県議選を必勝させ、参院選へつなげようと訴えました。

 忙しい中で駆けつけていただいた宮本たけし衆議院議員が、厚生労働省の勤労統計調査の偽装、森友問題の公文書改ざんなど相次ぐうそと隠ぺいの安倍政権へ、高橋しょうごさんの勝利、県議選、参議院選で審判を下そうと訴えました。そして高橋しょうごさんが選挙必勝の力強い決意を述べ、私が閉会のあいさつをしました。
c0282566_18334356.jpg





力強く訴える高橋しょうごさん





c0282566_18342171.jpg





高橋必勝を訴える宮本衆議院議員




c0282566_18344185.jpg





私が閉会あいさつを行う





c0282566_18345240.jpg






参加者の激励を受ける高橋しょうごさん


 消費税10%増税に伴う景気対策は奇々怪々です。軽減税率で食料品は8%に据え置き。これによりオロナミンCは清涼飲料水で食料品となり8%、リボビタンDは医薬部外品で食料品でないので10%になります。
 さらに複雑にしているのがポイント還元です。消費税の実質負担は、①食料品かそうでないか、②カードで買うか現金か、③大手スーパーなどで買うか中小商店か。これによって実質負担率は10%、8%、6%、5%、3%と5段階ってしまいます。
 このような消費税10%増税は中止すべきです。(下表は12月22日付しんぶん赤旗より転載)
c0282566_14201954.jpg

 1月11日(金)朝は近畿一斉宣伝、私はJR尼崎駅前南で後援会のみなさんと行いました。
 ハンドマイクで「国の勤労統計偽装は、森友の公文書改ざん、裁量労働のデータねつ造、自衛隊の海外派兵日報隠ぺいなど、うそと隠ぺいの強権政治のいっかんだ。安倍政権は今度の県議選、参院選で厳しい審判を下し、退陣させよう」と訴えました。最後に「高橋しょうご」さんが駆けつけていただき一緒に訴えました。
c0282566_09205429.jpg




JR尼崎駅前南で訴える高橋正吾・党防災対策責任者


c0282566_17215165.jpg

c0282566_08214293.jpg
c0282566_08215440.jpg


c0282566_21484426.jpg
c0282566_21485741.jpg


 1月5日午前、杭瀬商店街で今年初めての宣伝をしました。まだ開いていないお店もあり、人通りは少なめでしたが元気よく訴えました。通りかかった人から「今年も頑張ってください」と激励を受けました。
c0282566_12522653.jpg









杭瀬商店街で県議選、参院選で消費税増税勢力厳しい審判を訴える