額田町の道路のアスファルトが劣化し、デコボコで車いすで通ったお年寄りが車いすが転倒したと、私に連絡ありました。さっそく市道路維持課に道路の整備を求め、このほど舗装され、車いすでも安心して通れるようになりました。
c0282566_21540803.jpg






舗装整備された額田町の道路



c0282566_17373588.jpg
c0282566_17374814.jpg




 今期、私は尼崎市環境審議会委員になり、11月12日(月)午前に、審議会が開かれました。審議会では尼崎市地球温暖化対策推進計画(素案)を審議しました。前回第1回環境審議会で計画策定が示され、学識経験者の部会によって検討されてきた素案に対して意見を述べました。
 二酸化炭素排出量を2030年度までに2013年度比で28%削減する目標で、これは国、県の26%より大きな目標です。しかしそのうち原発による電力の依存を国の示した22%を採用し、それによる削減効果が16%~17%と削減効果の半分以上と、国の原発再稼働を前提したもので問題がある。
 また産業部門の二酸化炭素排出量は全体の4割を占めるのでそこへの削減に向けての誘導策や強化が必要。個人住宅向けの太陽光発電設置の補助制度の復活。温暖化対策推進はすべての部局にわたり全庁的、また全市民的な取り組みが必要なので、理念を明記した条例化が必要でないかと述べました。
c0282566_17282795.jpg




園田東小学校に設置された太陽光発電パネル


 尼崎市長選挙告示日・11日は午後から候補者カー、夜は民主市政の会の政策宣伝カーに乗りました。

 流目茂候補の訴えに,上坂部商店街では、若いお母さんが「子どもが3人,ひとりは喘息がある。神戸から引っ越してきたが、尼崎で子どもの医療費が高いのにびっくりした。お話のように、これでは尼崎から引っ越したくなる、がんばってください」、御園丸橋公園横では3人のお年寄りがわざわざ家から出てきて流目候補の演説を聞き「この候補者へ投票するわ」とうれしい言葉を。
c0282566_22293657.jpg





イオン尼崎店前で訴える


c0282566_21575099.jpg
c0282566_21580732.jpg


 11月11日、尼崎市長選挙が始まり、尼崎民主市政の会の流目茂茂候補(日本共産党推薦)がJR立花駅前で、金田峰生・党国会議員団兵庫事務所長の応援を受けながら力強く第一声をしました。その後JR尼崎駅北のキューズモール前で、大門みきし参議院議員の応援を受け、元気に市内をまわっれいます。
c0282566_12364311.jpg





流目茂候補の第一声




c0282566_12365656.jpg







金田峰生さんより応援を受ける





c0282566_12371478.jpg






大門みきし参議院議員から応援を


いよいよ11月11日()が尼崎市長選挙の告示日です。尼崎民主市政の会の流目茂さんといっしょに市政の流れを変えようと訴える。
c0282566_22325340.jpg





杭瀬商店街で訴える



c0282566_22330432.jpg










地域でハンドマイク宣伝


 阪神水道企業団議会として11月9日(金)に行われた施設視察に参加し、大阪市東淀川区にある大道取水場と尼崎市南塚口町にある尼崎浄水場に行きました。

 大道取水場は淀川から水を取り、尼崎市田能にある猪名川浄水場へ導水しています。取水に際してはごみを取り除き、油などが入らないように、最新機器と「生きた魚」を使って監視されていました。

 尼崎浄水場は2001年からに全面的に更新され、淀川取水場から送られた原水を凝縮沈殿池に送られ、その後オゾン処理でカビ臭や有機物質を分解し、活性炭吸着槽、ろ過池を経て、きれいな水が浄水池に貯留され水道水となって各家庭に送られています。土地の有効活用で浄水池の上に大型商業施設が営業しています。この施設からでる雑水が浄水池に入らないかと質問しましたが「大丈夫」との回答ですが、将来コンクリ―トの劣化などにより雑水が浄水池に浸み込みしないか心配です。

大道取水場全景(左)と取水口(右)
c0282566_08020905.jpg

c0282566_08025588.jpg










尼崎浄水場コントロール室(左)と凝集沈殿池(右)
c0282566_08141632.jpg
c0282566_08142979.jpg