法人税の減税を行っても賃金には回りません。

 日本共産党の佐々木憲昭衆議院議員は3日の衆院予算委員会で、「法人税を下げれば賃上げにつながる」という安倍首相の考え方をただしました。
 佐々木議員は、パネルを示しながら、法人税を下げても、減税分は企業の内部留保などの積み増しに回るのが3割にのぼる、過去の法人税減税でも賃金は上がらず、内部留保が増えている、首相の考え方は破綻していると追求しました。(下図は衆院予算委員会で佐々木議員が示したパネル、2月4日付けしんぶん赤旗より転載)
c0282566_18284795.jpg

by tokusannmi | 2014-02-08 18:33 | その他 | Comments(1)
Commented by 廃人28号 at 2014-02-09 01:42 x
 都知事戦は今日ですね?この国の人は、リーダー選びに関しては、独特の感性を持っているのか?はたまた、選ぶ人と同じ感性を持っているのでその人に投票するのか?日本の労働者の多くは、非正規、低賃金と聞くけど、リーダーに選ばれるのは、裕福で、高学歴で、メディアで目立った人。到底、ワーキングプアの非正規とは、程遠い。日本人は、マゾヒストか?共産党の政策が、自民党や、財界が言うように、破綻していて、実現不能と理解している政策通なのか?