安倍政権の暴走を許すな!介護保険の在宅サービス締め付け、利用制限引き下げをやめさせよう!

c0282566_22524419.jpg 安倍政権が介護保険を改悪して市町村に委ねようとしている「軽度者」向けの在宅サービスについて、利用限度額を最低水準の「要支援1」よりさらに引き下げようとしており、十分な在宅サービスを受けられない高齢者が続出することは必至です。
 安倍政権は、要支援者向けの訪問・通所介護を介護保険サービスから外し、市町村の事業に移したうえで、要介護認定を省いて市町村のサービスを利用するよう申請者を誘導していく方針です。
 厚労省は、要介護認定を受けずに市町村サービスを使う人の限度額については、要介護度が不明なので従来の限度額が適用されなくなると認めたうえで、「ばらばらにならないよう、国のほうで一定の基準を示す」「要支援1以下にする方向で検討している」と説明。具体的な限度額は「政省令で定める」としています。(図は2月5日付けしんぶん赤旗より転載)
by tokusannmi | 2014-02-09 22:58 | その他 | Comments(0)