戦争する国づくり、集団的自衛権の行使容認の解釈改憲は、ただちに中止すべきです。

c0282566_19524585.jpg 4月8日付「しんぶん赤旗」より転載
 「朝日」7日付の世論調査(2月~3月)では、集団的自衛権について「行使できない立場を維持する」が、昨年の調査の56%から63%に増加しています。
 また「毎日」3月31日付の世論調査(3月29、30両日実施)でも集団的自衛権行使容認のための解釈改憲「反対」が64%にのぼるなど、安倍政権が進める解釈改憲への反対が増えています。
 地方紙も「限定的なら認められる、というのは詭弁ではないか」(「東京』5日付)と自民党内で唱えられている集団的自衛権行使の「限定容認」論に疑問を投げかける社説を掲げています。
 集団的自衛権行使容認の解釈改憲をただちに中止することが必要です。
by tokusannmi | 2014-04-08 20:05 | その他 | Comments(0)