日本共産党尼崎市議団は児童養護施設・尼崎市尼崎学園を視察しました

 日本共産党尼崎市議団は7月15日(水)午前に神戸市北区道場にある児童養護施設・尼崎市尼崎学園を視察し、福岡昇園長から報告を受けました。尼崎学園は1946年に尼崎市戦災孤児等合宿教育所として始まり、1950年に尼崎学園に改称されました。そして昨年3月の改築を機会に、家庭的な雰囲気で養護するために、居室をユニット型にし、60人の定員が45人に減らしました。現在の児童数は38人です。入所の対象は保護者のいない児童や虐待されている児童などですが、現在は保護者のいない児童はなく、育児放棄されている児童や障害を持つ児童が増えていると深刻な実態が報告されました。
c0282566_14243075.jpg




尼崎学園玄関前で






c0282566_14392634.jpg





居宅ユニット内で説明を






c0282566_14401283.jpg





尼崎学園内で






c0282566_14411244.jpg





尼崎学園の建物
by tokusannmi | 2015-07-15 14:46 | 活動日誌 | Comments(0)