中央公民館と多目的ホールを併設する複合施設についての説明会が開かれる

 市は旧梅香小学校跡地に、西宮にある尼崎養護学校の市内移転、老朽化している中央公民館の建替えと廃止された旧労働福祉会館のホール機能の代替えとなる多目的ホールを設置する複合施設を建設する計画です。この複合施設についての説明会が7月16日(木)夜に開催され参加しました。
 公共施設担当の橋本貴宗課長は「400席と200席の2つの多目的ホール、学習室、子ども連れの方が利用しやすい設備、若者にもニーズがあるスタジオ(音楽室)、にぎわいラウンジなどを設置する」と説明しました。参加者から「養護学校の説明がない」「バリアフリーを考えているのか」「周辺住民への配慮は」「多目的ホールに沢山の市民が集まるのに駐車場が少ない」などの意見が相次ぎました。
c0282566_7231374.jpg

c0282566_7232711.jpg

by tokusannmi | 2015-07-17 07:25 | 活動日誌 | Comments(0)