稲村市長が「憲法9条を守っていくべき」と答弁しました

 12月6日から8日から12月議会の一般質問が始まりました。初日、小村潤議員が安倍首相の憲法改悪の動きに対して稲村和美市長に「平和と市民の安全確保の観点から、憲法9条を改定すべきでないと思うが」と見解を聞きました。市長は「私個人といたしましては、9条を守っていくべきだと考えている」と答弁しました。
 小村潤議員の一般質問の発言はこちらを、答弁はこちらをクリックしてください。
c0282566_2212580.jpg




本会議で発言する小村議員
by tokusannmi | 2017-12-06 22:16 | お知らせ | Comments(0)