自衛隊でのトライやるウィーク中止を求めて教育長へ申し入れを行う

 自衛隊でのトライやるウィーク中止を求めて4月18日(水)夕方、新日本婦人の会常光寺班の代表が278人の署名を添えて、松本眞尼崎市教育長へ申し入れを行い尾田勝重管理部長が応対、小村議員と共に私も同席しました。
 昨年、中学生のトライやるウィークで大庄中学校が自衛隊での職業体験をしました。この問題は昨年9月議会で党議員団も取り上げ、中止を求めてきました。申し入れでは、近年自衛隊は安保法制によって急激に任務の質が変化し、軍隊としての要素が色濃くなっている中で、教育現場の取り組みにはそぐわないと訴えられました。
c0282566_6195525.jpg




教育長への申し入れ書を提出する代表
by tokusannmi | 2018-04-19 06:23 | 活動日誌 | Comments(0)