生活保護世帯、豪雨で壊れたエアコンの修理代が認められる

 7月の豪雨で古い建物の住まいがひどい雨漏となり、炊飯器、冷蔵庫、クーラーが使えなくなってしまった生活保護世帯。市の保護課から炊飯器、冷蔵の中古品への買い替え補助は認めてもらいましたが、クーラーの修理代は断られ、困っていました。
 そこで7月19日の赤旗日刊紙の記事「水没エアコン交換、生活保護費で補償」の記事をもとに市保護課と話し合いました。そしてやっとエアコンの修理代が認められ、一安心しました。(7月19日付け、赤旗日刊紙より転載)

c0282566_22260520.jpg


by tokusannmi | 2018-07-25 22:30 | お知らせ | Comments(0)